藤沢稲門会は本年創立30周年を迎えます。私は丁度4年前に第6代会長職をお引き受けいたしました。

会員相互の親睦、母校発展への寄与、微力ながら地域発展への貢献を目指して活動しております。活発な各種同好会活動や、正月の箱根駅伝応援から年末の忘年会までの様々な全体行事を通じて、仲間を増やし親睦を深めることを最大の目的にしています。

ところが、未曾有の感染症の出現により私たちの生活は一変いたしました。

一昨年春以降、早稲田大学校友会の指導もあり様々な行事等が全て中止・延期となってしまいました。

この影響を契機に稲門会活動にも新しい動きが必要と感じていました。様々な業界でIT技術を取り込んでおり、当会も偶々創立30周年の節目でもあり、この機にホームページの再構築に取り組みました。

サイトの充実を図り色々な情報を発信し、会員の皆様と相互交流し、同好会の皆様方の利便性を高めた従来とは違った有機的なシステムにしていきたいと思っております。

また、地域内の未加入校友者を対象に情報発信するLINEも立ち上げ潜在的な稲門会ファンの発掘に着手しました。

一方、立ち上げて日も浅い「平成卒の会」・「女性の会」も順調に成長を遂げ新しい息吹をもたらしております。既存施策の全体行事もマンネリ化を避け、魅力ある新企画にしたいと考えています。

当会の魅力を高め、新規参加者・入会者を増やすことは高いハードルですが、幹事・委員が一丸となって「入会して楽しい」と思われる藤沢稲門会を目指して参ります。

皆様の絶大なるご協力をお願い申し上げます。

令和4年1月

早稲田大学校友会神奈川県支部
藤沢稲門会
会長 内田 進